トライアルキット無添加化粧品 手作り化粧水キット、無添加化粧水 ニキビ 化粧水 アトピー 手作り化粧水 取り扱い商品について わたしたち 商品検索

買物かごを見る お知らせメール

読者限定のお得情報やスキンケア講座、入荷案内、新商品モニター募集など
登録はこちら
解除法はメルマガにて
新着お知らせ&予告

手作り化粧水フリフリ★携帯サイト

■おすすめ商品■

■動物実験について

ハーブウォーターについて

取扱ハーブ水一覧

手作り化粧水キットのベースになります

フローラルウォーターハーブウォーターには、ハイドロソル、ハイドロラット、フローラルウォーター、アロマウォーターなど、さまざまな呼び名があります。 手作り化粧水キットのベースとなります。 お好みのハーブウォーターにさまざまな成分を加えて、 化粧水を作ります

容器
遮光PETボトル
容量
125ml(30mlの手作り化粧水が6回作れる分量)
保管
冷暗所にて12ヵ月

ハーブ蒸留器 <製造方法>
蒸留器に仕込んだハーブに水蒸気を勢いよく当てると、芳香成分などの有効成分が蒸気にとけ出します。蒸気は水分と油分に分離し、容器内にたまります。 表面に浮いた油分がエッセンシャルオイル(アロマオイル)、下にたまった水分がハーブウォーターです。
参考写真:米国ニューエイジ社製 簡易蒸留器

<成分と効能>
ハーブウォーターには、水溶性の植物成分が含まれています。また、水溶性でないエッセンシャルオイルも微量ながら含まれています。 標準的なハーブウォーターには100種類以上もの天然物質が含まれ、 殺菌作用、抗炎症作用、細胞再生作用などの作用があると言われています。 種類により異なりますが、おおむねpH3〜5程度の酸性です。 したがって、防腐剤を入れなくてもかなりの期間、保存が可能です。

<使用上の注意>
防腐剤、安定剤などが一切入っていないので、常に冷暗所に保管し、 開封後はなるべく早めに使い切ってください。 私たちが取り扱っているハーブウォーターは、化粧品原料として輸入しております。 原産国では料理やドリンクの材料として利用されていますが、おいしそうでも飲まないでください。

<ハーブウォーター Q&A>

Q ハーブティーとはどう違うの?

ハーブと水の比率から計算すると、ハーブウォーターに含まれる有用成分の量はハーブティーの20〜30倍程度であると考えられます。コーヒーにたとえると、淹れ方、濃度、強さ、ともにハーブウォーターは「ハーブのエスプレッソ」と言えるかもしれませんね。

Q アロマオイル(エッセンシャルオイル、精油)とはどう違うの?

ハーブウォーターにはアロマオイルの成分も含まれています。共通の香りや効果もありますが、エッセンシャルオイルには含まれていない水溶性成分が含まれているため、エッセンシャルオイルにはない香りと利用法があります。 香りは全般的にエッセンシャルオイルに比べてよりやさしく、そしてみずみずしい感じです。 人によっては、生臭く感じる方もいらっしゃいます。 また、オイルと違い希釈せずに直接肌につけても安全です。

 選ぶ時に注意することは?

単に水に香料を加えただけのものが「ハーブウォーター」として売られていることがあります。こうしたニセモノには、本物のハーブウォーターが持つ成分はありません。また、保存料が添加された商品もあるので注意が必要です。

■ページTOPに戻る

各ハーブウォーターの詳細説明

ローズウォーター

ローズ [保湿][肌荒れ][収れん][年齢が気になる肌] ラベンダーと並ぶオールマイティーなスキンケア成分。人工香料では味わえない本物のバラの香りを気軽に生活に取り入れましょう。
<こんな方に人気> 全ての肌に(乾燥肌、年齢が気になる肌、硬化肌、疲れた肌など)・しわ、たるみが気になる肌・開いた毛穴が気になる肌・赤ら顔
<香り特徴>高貴で優雅なバラの香り。ネガティブな感情を癒し、ストレスを和らげて気持ちをやわらかく、明るくします。 心のバランスを整えてくれるので、月経前後症候群の方やふさぎこみがちな方に好評です。


ネロリウォーター

オレンジフラワー [保湿][脂性肌][抗菌][年齢の気になる肌][収れん] オレンジの花の優雅で甘い香り。ほとんどの方に好感を持たれる香りです。本場モロッコでは、古くから香水、化粧水原料としてのほか、 お料理やドリンクにも使われています。
<こんな方に人気>つかれた肌・しわ、たるみが気になる肌・開いた毛穴が気になる肌
<香り特徴>上品でかわいい香りです。眠気をうながすことなく、張り詰めた気分をリラックスさせてくれます。


ローズマリーウォーター

ローズマリー [脂性肌][抗酸化成分][年齢の気になる肌][収れん] 古くから知られる「若返りのエキス」。身も心もきりっと引き締まるさっぱり系なハーブの香り。それなのに低刺激なのがいいところ。 ローズマリーは古くから「若返りのエキス」として高貴な女性に愛用されてきました。かの有名なハンガリーウォーター(世界最古の香水、美容液)の基本となるハーブでもあります。 きりっとした香りで、さっぱりとした使い心地。
<こんな方に人気>しわ、たるみが気になる肌・開いた毛穴が気になる肌・疲れた肌、脂性肌
<香り特徴>爽やかな透明感のある、ハーブ調の香り。心を元気づけ、力づけてくれます。


セージウォーター

セージ [脂性肌][抗菌][肌荒れ][収れん] セージの葉そのものといった感じの爽快なハーブ香。心と体のバランス調整力があるといわれ、さっぱり感が特徴的。
<こんな方に人気>ニキビ、ブツブツ、吹き出物トラブルが気になる方。
<香り特徴>清潔感あふれるハーブ系の香りが気分を安定させ、現代社会でとかく乱れがちなバランスを整える作用があるといわれています。 なぜか落ち着く香りです。


ラベンダーウォーター

ラベンダー [肌荒れ][抗菌][炎症][美肌全般] アロマといえばラベンダー。まさにオールマイティーですべての方におすすめです。
<こんな方に人気>ニキビ、ブツブツ、吹き出物などのトラブルが気になる肌 ・疲れが気になる肌・炎症を起こした肌・日焼けなどでダメージを受けた肌・除毛、脱毛後の肌
<香り特徴>フローラル調のあまい香り。ラベンダーのエッセンシャルオイルの香りをさらに優しく、生花のようにみずみずしくした感じです。青臭く感じる方もいらっしゃいます。イライラや張りつめた気持ちを解きほぐすリラックス作用があり、安眠を誘うことが知られています。

■ページTOPに戻る

ペパーミントウォーター

ペパーミント [抗菌][肌荒れ][ほてり] 適度にマイルドでクールな使用感。刺激が少なく、夏に最適な一本です。
<こんな方に人気>赤みの強いにきび肌・炎症によるかゆみのある肌・ほてった肌
<香り特徴>クールな中にも甘みのある、おいしそうな香り。フランスでは夏休みに子供が飲むそうです。 心身疲労時のリフレッシュ効果があります。気分がすっきりします。


カモミールウォーター(ローマンカモミール)

カモミール [抗菌][肌荒れ][美肌全般] 鎮静作用。肌荒れ、炎症、にきびに。肌のキメも整います
<こんな方に人気>ニキビ、発疹など、トラブル肌を気にする方・ニキビ、脂性肌、乾燥肌にも
<香り特徴>刈りたての草のような、青臭く懐かしい香り。精油とはかなり違い、カモミールティに似た干し草っぽい独特なあまい香り。気分が高揚するようなハッピーな香りですが、逆にリラックス出来るとの事でも、広く好まれています。(ラベンダーウォーター、ローズやネロリウォーターとの組み合わせもオススメ)


メリッサウォーター

メリッサ [抗菌][肌荒れ][潤い] 別名、レモンバーム。はちみつレモンのような、みずみずしい香りが、荒れた肌や不安な気持ちをいたわってくれます。 あまり肌の強くない方に人気です。
<香り特徴>はちみつレモンのほのかでかわいい香り。なぜか落ち着く香りです。


ハマメリスウォーター(ウィッチヘーゼル)

ハマメリス [抗菌][収れん][脂性][にきび] 高さ5mほどの落葉樹、ハマメリスの樹皮や葉を蒸留した物がハマメリス水です。自然派を標榜する化粧品によく使われている優秀な素材です。 非常にさっぱりしますので、ニキビやたるんだ毛穴ケアに人気。 アメリカ先住民達は収れん作用があり、肌に輝きを与えてくれるこの木には、不思議な魔力が宿っていると考えていたようです。 現在でも、主にアメリカでは「ウィッチヘーゼル」(魔女のハシバミ)と呼ばれています。 日本で流通しているもの(主にアメリカ産)は、いったんエタノール抽出した物を蒸留した、荒っぽい香りの物がほとんどですが、私たちのハマメリス水は生の樹皮や葉っぱをそのまま蒸留した珍しいもの。やさしい香り立ちが特徴の逸品です。
<香り特徴>なんとも不思議な香り。梅干の香りという人もあれば、焼酎の香りという人も。 炭の香りといわれれば、そんな気もします。 …そんな感じのにおいです。


コーンフラワーウォーター

コーンフラワー [収れん][潤い][肌荒れ] 日本では余りなじみがないコーンフラワーですが、ヨーロッパでは、化粧品原料やハーブティー、サラダにも使われます。 紅茶の「レディ・グレイ」の原料の一つです。 また、アロマテラピーでは目の周りのケアに 古くからよく使われてきました。 肌荒れを抑え、お肌を引き締めつつ、うるおいを与えます。
<香り特徴>クローバーやハチミツのような、ほのかで優しく甘い香りです。 コーンフラワーはヨーロッパ原産の一年草で、和名は矢車菊。 春になると荒地に青く美しい花が咲き乱れます。 花言葉は「信頼」。 ドイツの国花です。 コーンといっても、とうもろこしとは関係ありません。 Cornは昔の英語で小麦の事をさし、小麦畑でよく生えていたために この名前がつきました。


ゼラニウムウォーター(春夏バージョン)

ゼラニウム [肌荒れ][混合肌][美肌全般] 鉢植えでよく目にする園芸用のゼラニウムとは全く違う品種。
皮脂を落ち着かせ、肌の色つやを良くします。さっぱりしつつ、うるおいを与える不思議な特性は、混合肌や落ち着きのないゆらぎ肌に便利。
<香り特徴>夏草のような青い香りの上にローズ調の香り。 爽やかな高原の夏をほうふつさせるような香りです。さわやかな中にも、バラに似た甘い香りで、好感度の高いグリーンフローラル系。 気分が高ぶっているときも、落ち込んでいるときも、気持ちをホッと落ち着かせるような香りで、心身のバランスを整えます。 香り立ちが良いために、匂いが全くといっていいほど肌に残りません。 微香性の化粧水がお好みの方にはオススメです。 春夏バージョンとして、グリーンな香りが強いものを仕入れました。


ゼラニウムブルボン ウォーター

ローズ ゼラニウム [肌荒れ][混合肌][美肌全般] 花屋さんでよく目にする園芸用のゼラニウムとは違う品種。 フランスの蒸留所から、あつかってみない?と誘われて、ラインアップに加えてみました。 インド洋に浮かぶ、フランス領レユニオン島で採れたゼラニウムのみが名乗ることができる特別な称号が「ブルボン」。 皮脂を落ち着かせ、肌の色つやを良くします。さっぱりしつつ、うるおいを与える不思議な特性は、混合肌に便利。 また、ブルボン級のゼラニウムに特に多く含まれる、香り成分のゲラニオールは、抗酸化物質。
<香り特徴>さわやかな中にも、バラに似た甘い香りで、好感度の高いグリーンフローラル系の香り。 気分が高ぶっているときも、落ち込んでいるときも、気持ちをホッと落ち着かせるような香りで、心身のバランスを整えます。 「ゼラニウム・ブルボン」は、バラに似た深みのある香りがあるのが特徴です。 ただし、香り立ちが良いために、匂いが全くといっていいほど肌に残りません。 微香性の化粧水がお好みの方にはオススメです。


レモンバーベナ ウォーター

レモンバーベナ [保湿][きめ][収れん] 少量しか取れない、たいへん貴重なハーブウォーター。 欧米のアロマテラピーの専門書によると、『このレモンバーベナの蒸留水は、たくさんのハーブから少量しか採れないハーブウォーターですが、その分、植物の生命力が凝縮され、エネルギー順位が高い』とされています。はたして「エネルギー順位」が高いか(そもそも「エネルギー順位」とはなにか)はさておき、そう言われてみると、このやさしい香りのハーブ水には、一滴一滴にそんな力がこもっているような感じがしてきます。・・・そんなかんじの香りです。
<こんな方に人気> 肌にとてもなじみやすく、うるおします。きめを細かくして毛穴を引き締める効果があるとされています。 特に、しわが気になる肌への保湿・開いた毛穴が気になる肌・男性の髭剃り後の保湿として人気があります。
<香り特徴> 甘い新鮮なレモンに似た、繊細でやさしい香り。 このハーブが栽培されているすべての地域で、ストレスや不安なときに飲むハーブティとして古くから愛されてきました。 不安を和らげ、自信を持たせてくれるような香りです。


メリロット ウォーター

メリロット [抗菌][収れん][潤い]
別名、スウィートクローバー。ヨーロッパの野草ですが、東京の品川区になぜか帰化しているのが発見されたため、シナガワハギの名前も。文献にも余り登場しない、かなりレアなハーブです。 乾燥させた花には桜餅に似た甘い香りがするため、タバコやビール、ソーセージなどの風味づけ、そしてハーブティにも用いられてきました。スキンケア用としては、収れん効果とうるおい効果があり。目の周りをうるおすケアにつかわれたりします。
<香り特徴>桜餅の香りににている、とはいうものの、桜餅そのものの香りではありません(柏餅の香りとの意見も)。欧米の文献では「刈りたての芝生のあまい香り」との記述があります。なぜかリラックスできる香りです。